松本市、安曇野市、塩尻市、東筑摩郡にお住まいの方へ
  新築、リフォーム、住宅の相談事は、斉藤建築へ
通気断熱WB工法、自然素材の家、アフターサービス地域一番店
暮らしを楽しくする住まい 暮らし方から考える住まいを提案いたします

「さいとうけんちく」は、お客様の暮らし方を一番に考えて、「すまい」を提案いたします

さいとうけんちくのおうち ~森で暮らす~
 『 まいほーむぺーじ』・・・わたしの「手作りホームページ」です。  

会社案内

株式会社 斉藤建築
松本市中川3242-2
       (旧四賀村)
TEL:0263-64-2228
FAX:0263-64-3332

四賀地区で
「会長」が創業して31年。
大工で独立してからは
43年になりました。

地域にそれだけ長く
愛されて来た事を、
誇りに感じています。

昨年、社長を
引き継ぎましたが、
これからも、いっそう、
皆様に愛される
「さいとうけんちく」 
を目指します。

よろしくおねがいいたします。

会長:     斉藤一郎
代表取締役:斉藤一徳

詳しくはこちらをご覧ください


社長の紹介

さいとうかずのり

Author:さいとうかずのり
信州四賀から
「暮らしを楽しくする住い」を
お届けします。
「森で暮らす」ような気分で
毎日の生活が送れたら・・・。
ゆったり気分で暮れせるような、
そんな「住い」を創っていきます。


スタッフ紹介

スタッフ紹介のページはこちらをご覧ください

その1
その2


最近の記事+コメント


月別アーカイブ


メールでのお問合せ

こちらに入力してください

お名前:
メールアドレス(必須):
お問合せ件名:
本文:


心やすめにどうぞ


 
お花がちって 
実がうれて、 

その実が落ちて 
葉が落ちて、 

それから芽が出て 
花がさく。 

そうして何べん 
まわったら、 
この木はご用が 
すむかしら。 


   金子みすず
問い合わせ先


カテゴリ


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビルの改造工事をしています その14

2009/09/30 23:09|こんなリフォーム、ありますよCM:2
インテリアコーディネーター


こちらの現場で、「さいとうけんちく」で初めて、
「インテリアコーディネーター」さんに、
内装のコーディネートをお願いしました。

ある建築会社さんの完成見学会でお会いした
女性のコーディネーターさんです。

これまでは、クロスや塗装の色を決めるのに、
会社で候補を選んで見ていただき、
お客様に最終決定していただくことが多かったのですが、
コーディネーターさんと話をしていて、
ちょっと違った視点、感覚で内装を選んでいただくのも
良いのでは、と思ったからです。

それと、今回は、オーナーさん、利用者さんとも女性ですので、
女性としての感性と、女性同志で話をしていただくのも、
リラックスできて良いかな、とも思っていました。

私は最初の顔合わせと、お互いになじんでいただくための心配りだけ。
あとは、3人で、自由に相談していただきました。

その結果が、こちらのプランボードです。
プランボード

小さなビルですので、
選ぶ個所も少ないのですが、
思った以上に、センス良くまとめていただいた気がします。

特に、店舗のクロスは、ちょっとメリハリのきいた素敵な一品。
おしゃれなクロス


今はまだ、壁の塗装が仕上がってきているくらいですが、
完成後の「素敵なビル」のイメージがふくらみます。

来週には、クロスも貼り始め、
仕上げに向けて、進んでゆきます。

お客さまにとっても、私たちにとっても、
一番楽しみな時期がやってきました。





スポンサーサイト

美味しいパン ティンカーベル

2009/09/29 20:52|閑話休題CM:2
安曇野市で仕事をしたときに、
よく寄らさせていただいています。

安曇野市の美味しいパン屋さん
「ティンカーベルさん」
ティンカーベルさんのお店


今日は、塩尻の「原タイルさん」と、
タイルリフォームの打ち合わせの後に、
一緒にお店へ直行。

原さんにお勧めしたのが、
「ナポリタン」
ナポリタン


焼きそばパンはよくありますが、
はさんである焼きそばは
普通に食べる焼きそばよりも、
決して美味しいことはありません。

ところが、この「ナポリタン」は別物。
下手なお店のスパゲティー「ナポリタン」よりも、
はるかに美味しいのです。

具の種類といい、味といい、スパの柔らかさといい、
単独で食べても、十分おいしいナポリタンを
贅沢にはさんであるこのパンは、
まさしく絶品です。

今回は、原タイルさんに譲って、別のパンをセレクトしましたが、
きっと、すごく美味しいと思います。
ほとんどは子供たちの口に入ることになるので、
その前に、写真だけは撮っておきます。

安曇野へ仕事に行った時の、
ささやかな、嬉しい、楽しみです。



しみチョコパン

キャラメルカスタード

駒ヶ根はちみつ入り


広告も大切

2009/09/28 21:23|紹介します!CM:0
松本駅前通りの現場。
とびっきり目立つ現場なので、広告は欠かせません。

大通りに面して、しっかりかかっている足場に、
とびっきり目立つ広告を出しています。

足場の広告

会社のロゴマークと、会社名、電話番号。

この広告も、来週水曜日の足場解体と共に、
なくなってしまいます。

お近くの方、よろしければ、一度見に来てくださいね!


ビルの改造工事をしています その13

2009/09/26 22:38|こんなリフォーム、ありますよCM:2
まるで、前衛芸術家?


まるで前衛芸術家?

若き画家が、壁に向かって、
前衛芸術を描いている?

いえ。サイトウ塗装の職人さんが、壁の塗装の前に、
下地の処理をしているところです。
何の仕事もそうですが、下地をきれいに作っていないと、
きれいな仕上がりになりません。

ここ数日、毎日見ていますが、
本当にまじめに、一生懸命に、下地を作っています。
塗装の前の大切な仕事:下地処理

こちらのビルは、使用していなかった期間が長く、
建物の構造と、周囲の環境のせいもあって、
壁の下地は、かなり悪い状況でした。

正直、きれいに塗装が仕上がるのか心配していましたが、
そんな心配など不要と思うくらい、きれいに仕上がっています。
3階への階段:塗装後

昨日は、お客様も仕上がり具合を見に来ていただき、
「思っていたよりも、ずっときれいになっていて、ビックリ」
されていました。


もう少しすると、全体の工事もどんどん進み、
ますます喜んでいただけると思います。

若い職人さん、一緒に頑張ろうね。




ビルの改造工事をしています その11

2009/09/25 20:45|こんなリフォーム、ありますよCM:0
大変身


自分でも、ビックリするくらいの、
変わりようです。

まずは、実物をご覧ください。
着工前の3階への階段。
3階への階段:工事前


壁と天井の塗装が終わった時点。
3階への階段:塗装後


着工前の写真が悪すぎて、ちょっとわかりにくいですが、
まるで違うビルに来たみたいに、
変わってしまいました。

これがすべての階で工事が完成したら、
どんなビルになるのか、正直、わくわくドキドキです。


ちょっと長い工事記事ですが、もう少しお付き合いください。


ビルの改造工事をしています その12

2009/09/25 19:59|こんなリフォーム、ありますよCM:0
大工の技術



少しは大工らしいところも見ていただかないと、
単なる「社長」と思われても嫌なので。

ドア枠に開けられた3つの穴。
大工の技術:工事前
何度かドアの場所を変えたのでしょう。
そのたびにラッチ(ドアノブが止まるようにするための突起)の位置も変え、
ラッチ受けの穴を埋めないまま、3つになってしまったようです。

塗装屋さんに色を付けてもらうにも、
穴を埋めないときれいに仕上がりません。
ここで、大工の腕の見せ所。

まずは、穴を同じ大きさに、形に開け直しますが、
のみを使う 1

のみを使う 2

ポイントは「のみ」の使い方。

大工の技術:穴掘り


あとは、同じ寸法に切った木を埋めて、
表面をかんなで削れば完了。
大工の技術:穴埋め


いかがでしょうか?
きれいにできています?


これで、塗装屋さんも仕事がしやすくなりますし、
仕上がりもきれいになります。

たまには、自画自賛もお許しください。


地盤調査

2009/09/24 20:01|紹介します!CM:2
家を建てる前に、やらなければいけない大切なことがあります。

それが、「地盤調査」。


一般的には、「スウェーデン式サウンディング試験」と呼ばれる方法が多く、
さいとうけんちくでも、先日試験しました。

Fさまが新築を予定されている土地の
建築予定場所の4隅と、中央。

人力で測定する場合もありますが、
機械で制御して、ほぼ半自動で測定する装置もあり、
今回はこちら。
地盤調査の機械

測定部の先端は、「スクリューポイント」と呼ばれる槍状のもの
地盤調査の機械:ドリルの先端部

この先端部に、重りをかけながら、地面に刺してゆき、
重りの重さと、回転数、地面に刺し込まれる長さ。
その測定値で、地盤の強さがわかります。

その場で出てきたプリントからも、
住宅を建てるのに十分な強度はありそうですが、
調査結果

しっかりした結果は、後日郵送されてきます。


これで、安心して、建築工事が始められます。





ビルの改造工事をしています その10

2009/09/23 20:08|こんなリフォーム、ありますよCM:2
シャワールームの組み立て


お客様のご希望で、2階にシャワールームを設けます。
給水、給湯、排水の配管を床下に設置したところへ、
ユニット設置業者さんに、組み立てていただきました。
2階にシャワールームを組み立て

2階にシャワールームを組み立て2

組み立てが完了したシャワールーム

シャワールーム完成


まわりを囲って、壁を付け、
入口の枠を取り付ければ、完成。
壁の下地を組み立て


シャワールーム壁も完成


原タイルさんの、コマーシャル!

2009/09/22 14:02|紹介します!CM:2
ZUKUDAS松本の仲間、「原タイル」さんのコマーシャルが完成しました。

「年末に向けて、お風呂や水まわりのタイルをリフォームしませんか!」

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player



うちのコマーシャルと共に、ご覧ください。

ビルの改造工事をしています その9

2009/09/21 20:01|こんなリフォーム、ありますよCM:0
天井裏への断熱材吹き込み


こちらのビルの屋根は、「折版(せっぱん)」とよばれる鉄板の屋根です。
鉄板の屋根の特徴は、
①夏はものすごく暑い
②冬はすごく寒い

今年も、夏の盛りを過ぎた時期の仕事でしたが、
3階にはいられないほどの暑さでした。

最初の見積もりから提案させていただいたのが、
3階の天井裏への断熱材の吹き込みです。

普通なら、グラスウールの包装された断熱材を敷きこむのですが、
そのくらいでは、暑さ寒さは収まりそうにもなく、
ロックウールの高断熱材をまんべんなく吹き込むことにしました。

専用の車からホースが伸びて

「ピコイ」という会社にお願いして、
吹き込み用の専用車で、3階の天井まで一気に吹き込みます。

3階の天井裏に吹きつけます


3か所にあけた穴から、まんべんなく吹き込み、
厚さも20cmと、かなりの断熱性能が期待できます。

おかげで、3階でお昼を食べても、
食後の昼寝をしても、
すごく快適になりました。




ビルの改造工事をしています その8

2009/09/20 16:03|こんなリフォーム、ありますよCM:0
工事も、後半に突入。
いろいろな工事が目白押しに進んでゆきます。

屋根の塗装

お客様には、
「足場をかけて屋根の上が確認できるようななったら、
屋根の塗装を検討してみてください。」と
お話ししてありました。

見ると、無残な様子が明らかです。
一部で塗装がはげて、下地の鉄板にも錆が浮き、
このまま放置することはできない様子でした。
屋根を確認すると、塗装の状態は、最悪


お客様と打ち合わせをして、
「遮熱塗料」という、太陽の熱を遮る塗料を採用しました。

まずは、 「ケレン」 と呼ばれる作業。
古い塗装や錆びている部分を取り除く、
一番大切な作業と言えます。
屋根塗装の前の、「ケレン」

古い塗装や汚れを落として


この状態で、錆止め用の下塗り塗装をするのですが、
これも、遮熱塗料専用のものです。
遮熱塗装の下塗りも、専用塗料
「クールタイト」が遮熱塗料の商品名で、
「プライマー」が下塗り塗料の一般名。

塗り出せば早いと思っていましたが、
下塗り錆止め塗装も、専用品で

この小さな面積に、ほぼ半日かけて塗っていました。
「サイトウ塗装」さんいわく、
「下塗りをしっかりしていないと、意味がないから。時間はかかりますよ。」
とのことです。
いつもながら、職人気質満杯のサイトウ塗装さん。
明日には、仕上げ塗装の予定


明日、月曜日はシルバーウィーク5連休の中日ですが、
上塗り用の塗装を行うそうです。

よろしくお願いします。


今回、 「遮熱塗料」 を採用した理由

屋根裏に断熱材を入れますが、夏の日射しで断熱材が暑くなると、
反対に断熱材からの輻射熱で、部屋の中や人が暑くなります。
熱を反射して、少しでも涼しい部屋にするために、採用しました。
塗装も、時と場合で、十分に選択する必要があります。




ビルの改造工事をしています その7

2009/09/19 20:11|こんなリフォーム、ありますよCM:0
この「ビルの改造工事」、
まだまだ続きそうです。
なんといっても、ネタが豊富。

次々と、トラブル、もとい、「試練」発生。

ここまで来ると、何が来ても動じません?!

「ビルの改造工事をしています その5」で取りあげた「雨漏り」
原因が判明しました。

雨漏りの原因

見るもお粗末な処理。
雨の漏りそうな所に、シーリングをたっぷり塗って、
その上に塗装までたっぷりかけて、はいおしまい。

これで雨漏りが止まれば、誰も苦労はしません。
雨漏りを止める最大鉄則は、
「原因を取り除く」

この場合、柱が屋根材を突き破って出ているので、
元の「破れていない屋根材」に戻すのが一番なのですが
タイムマシンがあるわけでもないので、不可。

そんなときに思いついたのが、
「柱ごとカバーをかける」
若手板金屋さん「横川さん」

雨漏りの、原因削除


これで、雨漏り付近に、雨や雪はほとんどいきません。
雨がなければ、雨は漏れない。
これこそ、原因の削除。


もうすぐ、天井裏に断熱材をたっぷり吹き込むので、
雨漏りの最終確認はできませんが、
まず、大丈夫です。


プロのお掃除屋さん 

2009/09/18 20:40|紹介します!CM:2
ZUKUDAS松本 の仲間、 「サンクリーン塩尻」さん は、
プロのお掃除屋さん。

モットーは、
「親切」「丁寧」「迅速」

でも、一番のモットーは、 「楽しい」 でしょうか。

年末大掃除に向けて、
コマーシャライザーというソフトで、
CMを作ったようです。

シンプルですが、丁寧な仕事ぶりが
しっかり現れています。

どうぞ、ご覧ください。

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player



お客様の要望 「包丁研ぎ」

2009/09/17 20:57|閑話休題CM:2
お客様の Yさまからの電話。
「自分で包丁を研ごうと思ったけれど、
うまく研げないので、研いでもらえませんか?」

実は、「お客様感謝イベント」を開いて、
「包丁研ぎ」もやりたいな~、と思っているところです。

そんなときの、ナイスタイミング。
「はい、喜んで!」

サービス事業「包丁の刃とぎ」


さすがに仕事中に、包丁を研ぐのも気が引けるので、
日曜日のお仕事ということで。

ついでに、うちの包丁も研いで、
女房殿にも喜ばれました。

さっそくお客様宅にお持ちして、もう1本お預かり。


あまり、何本もとなると大変ですが、
1軒2本程度なら、なんとかなります。

気軽に声をかけてみてください。




ビルの改造工事をしています その6

2009/09/16 20:48|こんなリフォーム、ありますよCM:4
内部の工事も、順調に進んでいます。
3階の床はフロアー材が貼り進み、
もうじき完了。
3階の床も順調に貼り進んでいます


2階の床も、貼り進んでいます。
2階の床は、特殊な構造


2階の床は、ちょっと特殊。
普通なら、「大引き・根太・床材」と進むのですが、
この階にシャワールームとキッチンを取り付ける都合で、
床下に配管のスペースを作らなければいけません。

そこで、「大引き・構造用24mm合板直張り」にしました。
普通は、大引き3尺ピッチ程度なのですが、
乗ってみると、ちょっとたわみが大きそうなので、
間に根太を1本入れて、1.5尺ピッチ。

ちょっと、丈夫過ぎ?

今週には、2階3階の天井も貼り終わって、
サッシも入り、内部の工事は順調に進む予定です。



あたたかいお正月に、ちょっと早いプチリフォーム

2009/09/15 13:45|紹介します!CM:2
お正月には、ちょっと、いえ、かなり早い準備ですが、
あたたかいプチリフォームは、いかがでしょうか。

今あるサッシの内側に、もう一枚樹脂サッシを取り付けると、
寒さが全然違います。
取り付けたお客様は、皆さん、
「本当に、暖かくなった。良かったよ!」
と言っていただいています。

去年も、11月の商工祭で紹介してから、

 たくさんのご依頼がありました。 

費用も、以外に割安。

でも、本当に寒くなってからでは、
お正月に間に合わないかもしれません。
お早めに、お問い合わせください。



連絡先:社長携帯090-4840-3751
     会社電話64-2228  会社FAX64-3332
     メールittoku@go.tvm.ne.jp


ビルの改造工事をしています その5

2009/09/15 10:44|こんなリフォーム、ありますよCM:0
雨の日の大切な仕事

お客様の I さまが心配されていたのは、
「雨漏り」

確かに3階の天井に、雨漏り跡らしきしみがあり、
ちょっと心配がありました。
3階の天井を壊したときに、ちょっと考えられない工事を発見。
屋根を突き破る鉄の柱

屋根材を突き破って、鉄柱が屋根の上に伸びています。
ということは、屋根材に穴が開いているのと同じ。
シーリング処理をしてあったようですが、
もう30年もたっていれば、効果はなし。

案の定、しっかり外のひかりが見えます。
屋根材の向こうに、光が


一応、内側からコーキングで処理しましたが、
しっかり確認できるのは、雨の日。
応急処置のコーキング

先週土曜日、やっと本格的な雨が降り、
状況が確認できました。

雨漏り発見

残念ながら、あの程度の応急処置では、
雨漏りは止まりませんでした。

それでも、他の場所からは雨漏りはなく、
一応、一安心、といったところです。

「鉄柱」の近辺は、屋根の上から板金屋さんに本格的に修理してもらいます。



緊急のお仕事 「手摺の補強」その2

2009/09/12 06:10|こんなリフォーム、ありますよCM:4
>おまけに、このボードは、「GL工法」という、
>コンクリートの壁に、接着剤を団子状に付けて固定している壁なので、
>しっかりした下地がありません。


一番苦労したのが、補強の方法。
普通なら、ボードを切り取って、裏に木の補強を入れて、
表面にボードか合板を取り付ければ完成です。
そうすると、ボード全体で力を分散できます。

ところが、この施設の使い方はちょっとハード。
利用者の方が、一度に最高3人が手摺につかまるそうです。
健康な方なら、ちょっと手をかける程度ですが、
からだを預けるほど、手摺に力をかけます。

さあ、なんとかなるのか?
どうする!

そこで、なんとかひとつのアイデアが浮かびました。

まずは、ボードを切り取って、
まずは、ボードを切り取って


いつものように下地に板を差し込んで、
まわりのボードに固定します。
裏の隙間が少ないため、
下地の板は薄いし、固定できるビスも少ない。
このままでは、ハードな使用に耐える十分な強度が出ません。
いつもの下地補強



そこで、
下地板の裏側に、発泡ウレタンを吹きつけます。
下地の板を打ち付けて
これで、手摺にかかった力が表面の合板に伝わり、
下地の板にその力が伝わってきますが、
下地の板が裏側に下がらないようにして、
下地とまわりのボードを止めてあるビスにかかる力を少なくします。
これで、全体の強度が上がるはず。



下地の合板を張れば、補強は完成。
コンパネを貼る


後は、クロス屋さんにクロスを貼り替えてもらって、
クロス屋さんにクロスを貼ってもらって


さあ、完成!

無事完成しました。

まるで、何事もなかったような、
最初からしっかりした手摺だったような仕上がり。

施設の管理者の方にも喜んでいただいて、
私も、「ありがとうございました」です。


緊急のお仕事 「手摺の補強」その1

2009/09/09 21:57|こんなリフォーム、ありますよCM:2
ある施設から、緊急の仕事を頼まれました。
見に行って、びっくり!

まさか、手摺に「危険、つかまるな」とは

手摺の所に、「危険! 手すりにつかまるな!!」
からだが危険でないように「手摺」を付けるのですが、
その手すりが危険なので、触るな! はないですよね。

グラグラして、危険な手摺受け

グラグラして、触るのも危険な手摺の受け金物ですが、
なんと、手摺を壁に固定しているのは、
「ボードアンカー」と呼ばれる
「軽量物を止める金物」でした。

思いもよらない、「ボードアンカー」で固定?

おまけに、このボードは、「GL工法」という、
コンクリートの壁に、接着剤を団子状に付けて固定している壁なので、
しっかりした下地がありません。

さて、どうする!
こんな時こそ、技術、技量が試されます。
「見積もりを出して欲しい」とのことですので、
しっかり対策を考えて、対処します。


ビルの改造工事をしています その4

2009/09/08 22:09|こんなリフォーム、ありますよCM:2
いま改造中のIさまビル


こちらのビルは、小さいながらも3階建て。
しかも今回は、外壁もサイディングに張り替えます。
ということで、足場は必須。

足場がかかり始めて

現場のすぐ前は、松本市でも有数の交通量を誇る場所。
日中に足場を組んでいれば、すぐに交通渋滞。
そこで、早朝の組み立てとなりました。

朝6時30分。
作業開始。3人の足場職人さんが素早く作業してくれて、
どんどん、組み立てが進みます。

見事に早い作業


1時間後。
まわりのシートを張り始めて、もうすぐ終了。

もうすぐ完成


予定通り、1時間15分後には、すべての作業が終了しました。
交通量も増えてきたので、一安心です。

これで、外部の作業も順次進みます。


ビルの改造工事をしています その3

2009/09/07 21:29|こんなリフォーム、ありますよCM:2
工事は、始まったばかり。
ところが、今ついているシャッターの裏側を掃除することに・・・。

最初は、ほうきで汚れを掃き落そうと思ったのですが、
長年にわたってこびりついた汚れは、
いっこうにきれいになりません。
仕方なく、コンビニに「亀の子たわし」を買いに走り、
バケツで水をつけながら、ごしごしやると、

シャッターの裏側を掃除

なんとかきれいになり始め、
この後、雑巾で仕上げ拭きをして、
やっと、「少しきれい」にまでなりました。

左が掃除前、右が掃除後

左が掃除前、右が掃除後。

普通、掃除は工事終了後にするものなのですが、
実は、「汚れの特徴」で、やむなくこの時期の掃除でした。

排気ガスの粒子や、アスファルトの粉じんが多いので、
汚れが散らばると、こびりついてしまいます。
手やからだにつけば、石鹸で洗わないと落ちません。
完成後の白いクロスや塗装につけば、
せっかくきれいにしたのが、台無し。

そこで、「おきて破りの掃除」となったわけです。

一応、というか、真剣に考えての、
「段取り八分」(仕事に取り掛かる前の段取りで、仕事全体の出来の80%が決まる)
本当の最終まで見越して、
お客様に少しでもきれいに引き渡そうと思っています。


今日、シャッターの内側に、新しいアルミ引き戸が入りました。
この引き戸も、汚さずにすみました。


トイレリフォームから、脱衣所、洗面所も その6

2009/09/06 22:19|こんなリフォーム、ありますよCM:4
今日、建具屋さんが引き戸を建て込んでくれて、
無事、完成しました。

最後の仕上げに、手摺とシャワートイレのリモコンを取り付けて、
お客様に安心して使っていただけます。

引き戸もついて、完成!

新しい、デザインの引き戸

今回の引き戸はいつもとは、かなり違っています。
お客様と、私のこだわり満載。

①引き戸の表面の材料:さんざん探しまくり、なんとか工事に間に合うように
               取り寄せました。
               白い木目の材料で、ひと眼見て、気にいりました。

②デザイン    :とりたてて奇抜ではありませんが、
           こちらのお宅に一番似合うように感じます。

③取っ手     :以前、直輸入で購入していた取っ手のうち、
           一番似合うものの中で、お客様に選んでいただきました。
            これからも、こんな風にできたら。

④一番の特徴  :脱衣所とトイレの間には「壁」がありません。
            引き戸と同じ材料で間仕切りしてあります。
            いざというときは、取り外して、ひとつの空間にできます。

取っ手も、新しい

白でまとまった中に、手摺と洗面台の濃い茶がアクセント。
シンプルモダンに、きれいにまとまりました。



トイレリフォームから、脱衣所、洗面所も その5

2009/09/05 22:36|こんなリフォーム、ありますよCM:2
工事前の様子

リフォーム工事も、そろそろ終盤。
ほとんど完成です。

ほぼ、完成!


配置は、工事前とほとんど同じなのですが、
雰囲気は全く変わってしまいました。

お客様にも、
「モダンな感じで、良いですね」と、
満足していただけたようです。

後は、トイレ入り口と、脱衣所入り口の引き戸を取り付ければ完成です。
明日朝、建具屋さんが取り付けてくれることになっています。

ちょっと一安心。


屋根と外壁の塗替えリフォーム その3

2009/09/03 22:02|こんなリフォーム、ありますよCM:0
外壁の塗装リフォームも、そろそろ大詰め。
塗り終わった部分の養生シートが外され、
お色直しした姿がお目見え。
カバーが外されて、新塗装の姿が現れました


特に、裏口の屋根の「妻部分」が、
真っ白く、光輝いています。
このお宅の、新しいシンブルマークのような存在になりそう。
白く塗られた「妻部分」が、輝いています


残るは、玄関周りの壁。
新旧の塗装が比べられ、
ちょうど良い、サンプルになりました。
新旧の塗装。後は玄関周りだけ


今回にリフォームで、一番気になっているのが、
この部分。
玄関ポーチが危険

実は玄関ポーチの柱が、一部腐っています。
輸入住宅だそうで、水に弱い木材が使われているようです。
世界各地で、気候風土が違うので、
簡単に「輸入住宅」といって、
日本にそのまま持ってきてもらいたくはないのですが・・・。

今回は、予算の都合もあって、
腐った部分だけ補修して、
塗装しなおします。

塗装さえしっかりしていれば、
腐れはかなり遅らせられるので、
次の段階で、「鉄の柱」に交換することも
「検討が必要ですよ」とお客様にはお伝えしました。


ビルの改造工事をしています その2

2009/09/02 22:26|こんなリフォーム、ありますよCM:0
先週から始めた「ビルの改造工事」

約35年前に建てられたビルは、
ここ数年、使われていませんでした。
借りたいという方がいらっしゃって、
改造工事が始まりました。

さすがに「築35年余」。
老朽化と、古びた感じは、仕方がありません。
工事前:3階

工事前:2階

工事前:1階階段

工事前:1階入り口

このビルが、どれほどきれいになるか、
しっかりご覧ください。


ふろく:解体中に発見した、恐ろしいもの。
古い照明のところが…

外した照明器具の裏は、
焦げたような跡が・・・。
古い照明器具も、火事のもとになるかもしれません。
発見できて、良かったのかもしれませんね。


みなさんのお宅でも、十分ご注意ください。


トイレリフォームから、脱衣所、洗面所も その4

2009/09/01 22:52|こんなリフォーム、ありますよCM:0
順調に進行中

「創る」仕事も大詰め。
着々と進んで、もう少しで大工仕事も終わりそうです。
床下地の張り替え、サッシの取付け、壁下地・天井下地の工事。

大工仕事も、大詰め

最後は、入口枠を取り付けて、
巾木(はばき:床と壁の境に取付ける部材)、
サッシ枠の取付け。

独自の引き戸枠を取り付ければ

一番最後は、脱衣所の引き戸枠の取付けでしょうか。
この枠は、普通の枠とはちょっと違った方法です。
いろいろな会社の方法を学んで、
真似しながら、改良してみました。

建具屋さんが、引き戸を取付けた時が、
楽しみです。



ニュースレター最新版

今月の手配りチラシ


お部屋の空気がいつでも新鮮!

通気断熱WB工法

キャラクター全員集合

家も呼吸して生きている

2つの呼吸で、家の中の空気が

自然に入れ替わります

ねこやなぎ

機械で換気する「息苦しさ」

それとは、まったく違う、

自然の空気を感じてください


ZUKUDASの仲間たちリンク


ブログ内検索


カテゴリ


会社はこちらです


管理用

  • 管理者ページ
  • 管理2

  •  |  アフターサービス一生懸命 | お客様の声 | 緊急出動3751 | 通気断熱WB工法:松川の家 | 通気断熱WB工法:原山の家 | 通気断熱WB工法:東筑摩A様邸 | こんなリフォーム、ありますよ | 雑用も、こなします! | 紹介します! | リフォーム例:大改造Yさま邸 | リフォーム例:耐震補強T様邸 | リフォーム例:県産材デッキ | リフォーム例:畳をフロアーに(M様邸) | 閑話休題 | 耐震診断中です! | 自然素材:F様邸「里山のあかまつ」 | 
    Copyright(C) 2008All Rights Reserved. さいとうけんちくのおうち ~森で暮らす~
    Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。