松本市、安曇野市、塩尻市、東筑摩郡にお住まいの方へ
  新築、リフォーム、住宅の相談事は、斉藤建築へ
通気断熱WB工法、自然素材の家、アフターサービス地域一番店
暮らしを楽しくする住まい 暮らし方から考える住まいを提案いたします

「さいとうけんちく」は、お客様の暮らし方を一番に考えて、「すまい」を提案いたします

さいとうけんちくのおうち ~森で暮らす~
 『 まいほーむぺーじ』・・・わたしの「手作りホームページ」です。  

会社案内

株式会社 斉藤建築
松本市中川3242-2
       (旧四賀村)
TEL:0263-64-2228
FAX:0263-64-3332

四賀地区で
「会長」が創業して31年。
大工で独立してからは
43年になりました。

地域にそれだけ長く
愛されて来た事を、
誇りに感じています。

昨年、社長を
引き継ぎましたが、
これからも、いっそう、
皆様に愛される
「さいとうけんちく」 
を目指します。

よろしくおねがいいたします。

会長:     斉藤一郎
代表取締役:斉藤一徳

詳しくはこちらをご覧ください


社長の紹介

さいとうかずのり

Author:さいとうかずのり
信州四賀から
「暮らしを楽しくする住い」を
お届けします。
「森で暮らす」ような気分で
毎日の生活が送れたら・・・。
ゆったり気分で暮れせるような、
そんな「住い」を創っていきます。


スタッフ紹介

スタッフ紹介のページはこちらをご覧ください

その1
その2


最近の記事+コメント


月別アーカイブ


メールでのお問合せ

こちらに入力してください

お名前:
メールアドレス(必須):
お問合せ件名:
本文:


心やすめにどうぞ


 
お花がちって 
実がうれて、 

その実が落ちて 
葉が落ちて、 

それから芽が出て 
花がさく。 

そうして何べん 
まわったら、 
この木はご用が 
すむかしら。 


   金子みすず
問い合わせ先


カテゴリ


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外部の先行足場も出来ました

2008/04/30 22:56|通気断熱WB工法:原山の家TB:0CM:0
通気断熱WB工法:原山の家



建前に向けて、もうひとつの大切なもの。
それが「先行足場」です。

建前の作業を安全に進めるために、
必ず必要な物です。

先行足場が組立完了1


さすが、専門業者。
10時に来て、足場材料を下ろし始め、
3時すぎには組み立て終わりました。

それも、わずか2人で。

さすがに足場のプロ


これで、安全に建前作業が進められます。

これからも、いろいろな業者さんが家創りにかかわります。
皆さんのお力が「原山の家」の出来を左右します。
みんなで、素晴らしい家創りに、努めます!!






スポンサーサイト

土台工事が始まりました

2008/04/28 22:36|通気断熱WB工法:原山の家TB:0CM:0
通気断熱WB工法:原山の家


土台工事が始まりました



建前に向けて、
大切な「土台」を据えてゆきます。

WB工法の特徴のひとつ。
床下から壁に空気が流れたり、
流れないようにするために、

大切な部材を取り付ける準備をしておきます。
それが、「シールテープ」と「ベースプレート」
後から取付出来ないので、
慎重に作業を進めます。

普通の工事と違って1


普通の工事と違って2


取り付け箇所を、何度も確認して、
確実に取り付けてゆきます。

今日のところは、ここまで完成。

今日のところはここまで



実は、「ベースプレート」が足りなくなりました。
明日は祝日で、運送屋さんは動きません。
あさっての朝から作業を進めるために・・・。

明日、業者さんの事務所まで取りに行くことにしました。
業者さんも休みですが、玄関は開いているとのこと。
まあ、発注ミスなので、仕方がありません。

でも、在庫があって、本当によかった。


玄関先も 完成しました

2008/04/26 22:33|リフォーム例:県産材デッキTB:0CM:0
ただいま、リフォーム真っ最中:県産材デッキ


玄関先のデッキと、目隠しも完成しました。


目隠しとデッキ


玄関先も完成


お客様がこだわった、色。
見事に玄関先の雰囲気にマッチしています。
センスの素晴らしさが、光ります。

この目隠し。
実は、工夫が施してあります。

住宅メーカーとの契約で、建物に傷をつけると、
「保証」が打ち切られるとのこと。

2mもの目隠しを、建物に固定せずに自立させねばなりません。
もちろん、風にも倒れず、寄り添っても倒れないように。

ここが、建築屋の本領発揮。
さあ、どうやったか、考えてみてください。


小便器のフラッシュバルブにご注意

2008/04/24 22:56|アフターサービス一生懸命TB:0CM:0
アフターサービス一生懸命



冬場、あまり使わないトイレだそうで、
フラッシュバルブが凍ったとのこと。
ボタンを押しても、水が流れません。

トイレのフラッシュバルブにご注意!


早速分解して中を調べました。

凍結で壊れた「心臓部」


どうも、心臓部の弁が破損している様子。
手で動かしてみて、組み込んでみます。
何とか作動する様子。

それでもお客様は、
「どっちみち、きっと壊れるから、取り替えて!」
とのこと。

品番が書いていないけれど、
写真を撮ってメーカーにメールの添付ファイルで
送ると、しっかり品番を知らべてくれました。

今の世の中、これが一番楽になりました。
その日のうちに発注出来ました。
届けばすぐに交換します。

これで、GWにお客さんが来ても大丈夫、の予定。


中身はこんな感じです

デッキ完成!

2008/04/24 22:25|リフォーム例:県産材デッキTB:0CM:0
ただいま、リフォーム真っ最中:県産材デッキ


居間から外に出るデッキが
完成しました。

ほぼ完成1


ほぼ完成2



お客様も、大満足のご様子。
作った私たちも、そう行ってもらえると、
一番嬉しいです!!


玄関先の部分が出来れば、
完成です。



デッキを組立中!

2008/04/23 22:19|リフォーム例:県産材デッキTB:0CM:0
ただいま、リフォーム真っ最中:県産材デッキ



いよいよデッキ組立開始!


組立始めれば、作業は早い。
次々に組み立てられ、どんどん
デッキらしくなってゆきます。


そんな時にも、大切なのが、
束材の「小口」部分。
しっかり塗料を塗って置かないと、
ここから腐ってゆきます。
束の小口に注目ください


順調に進んでいる時も、
決して「手は抜きません」




基礎用の束石を据え付けます

2008/04/22 22:13|リフォーム例:県産材デッキTB:0CM:0
ただいま、リフォーム真っ最中:県産材デッキ



コンクリートの上に、束石を据え付けてゆきます。

束石を据え付けます1


下のコンクリートがしっかりしているので、
束石も安定します。
この束石の上に、束を建ててゆき、

束石の上に束を設置


これがデッキの足元に。

ただいま基礎工事中です

2008/04/21 09:32|リフォーム例:県産材デッキTB:0CM:0
ただいまリフォーム真っ最中:県産材デッキ

束石の基礎のコンクリート


デッキの基礎になる、束石の下にコンクリートを打ちます。
コンクリートの有る無しで、丈夫さが全然違います。
簡単な工事では、コンクリートを打たないことも大いにですが、
折角ですので、しっかりやりました。

小型ミキサーでコンクリートをこねています


コンクリートの量が少ないので、ミキサー車というわけにもいかず、
簡単な移動式ミキサーで練りました。
今まで、手で練っていたことを考えると、すごく『楽』です。

もっと早く買えば良かった。

なんだか、変な落とし穴??


コンクリートを打ち終わったら、
まるで、「竪穴式住居」の柱の後みたい。
このまま、1日養生です。


YKK APさんの サッシ

2008/04/19 19:16|紹介します!TB:0CM:0
紹介します!


形の変わったサッシ


壁のデザインをするときに、
こんなサッシが役に立ちます。

ひとつで使うと、ちょっと寂しいですが、
いくつか組み合わせて使えば、
なかなか良い感じになりそう。

是非、使ってみたいものです。
ちなみに、1台28,000円。
高いか、安いか、微妙なところですね。


ちょっと変わった、玄関引戸


もうひとつ紹介したいのは、
「吊戸の片引き戸 玄関戸」

引き違いの玄関戸でも、実際には片側しか使いません。
ですので、片引き戸でも問題あまりありません。

おまけにこの引戸は「吊戸」になっているので、
引いた感じがすごく軽いです。

最近の玄関引き戸は、断熱性・気密性が高いので、
引いた感じがすごく重くて、
小さな子供には開けられない感じがします。

その点、この商品は優れもの。
おまけに、吊戸なので、レールもありません。
下枠がすっきりしていて、掃除も簡単。

吊戸なので、下枠がすっきり


デザインも素敵なので、きっとお客様にも、
喜ばれることでしょう。


四賀あかまつの乾燥が進んでいます

2008/04/18 19:15|自然素材:F様邸「里山のあかまつ」TB:0CM:0
自然素材:F様邸「里山のあかまつ」


長和町(旧和田村)の「小林木材」さんで製材された、
『四賀あかまつ』が、人口乾燥され、
ただいま、「養生中」です。

四賀あかまつの乾燥がすんで、養生中


乾燥機で、木材の水分を取るのですが、
乾燥しすぎて、そのまますぐには使えません。
自然の中で、しばらく置いておきます。

そうする事で、まわりの水分をすったり、吐いたり、
自然と環境になじみ、
後の狂いが少なくなります。


太い材の割りに、ひび割れが少ないです



乾燥した四賀あかまつの状態は、
すごく良さそうです。
太い材の割りに、「割れ」が少なく、
この後が楽しみ。

早く、加工したいものです。


小林木材さんの乾燥機も見てきました。
ちょうど、床用材料のカラマツを乾燥するところ。
まわりに、ちょっと甘いような独特の香りが広がっています。

木材の乾燥機です





「オスモ」の塗料で、塗装中

2008/04/17 18:53|リフォーム例:県産材デッキTB:0CM:0
ただいま、リフォーム真っ最中:県産材デッキ

オスモを塗装中:山口さん



デッキ材に、「オスモ」社の塗料を下塗りします。
この下塗り用の塗料は、防腐処理を兼ねており、
大切な作業です。

今日は、天気が悪くて、現場で作業できません。
その間に、工場での塗装作業。
乾燥に12時間かかるので、段取りをよく考えてやらないと、
手待ちになるので大変です。

オスモを塗装中です:嶋田君


手際よく塗装して、明日に備えます。


YKK AP 品川ショールーム 訪問記その1

2008/04/16 22:13|紹介します!TB:0CM:0
YKK APの松本支店さんの御招待で、

品川ショールームへいってきました。

朝7時出発ということで、松本合同庁舎近くの支店まで行き、
バスで一路東京まで。

YKKAP品川SR 1


YKKAP品川SR 2


目新しい商品ばかりで、いろいろ勉強させていただきました。
お客様にも、提案できるものもあり、
実り多い研修でした。

一番驚いたのは・・・。
YKKAP品川SR 3


玄関ドア「EXE]
価格1,575,000円


家1件分のサッシがすべて賄えそうです。
いや、十分にお釣がきますね。豆汗2


商品の紹介は、後日ゆっくりと、
お楽しみに。



内付け樹脂サッシ「インプラス」で、断熱アップ!

2008/04/15 23:46|こんなリフォーム、ありますよTB:0CM:0
アルミサッシの内側に、
「内付け樹脂サッシ『インプラス』」を取り付けます。

これで、簡単に「二重サッシ」になります。
おまけに「インプラス」は、普通の二重サッシよりも
気密性が高いので、断熱効果は一段とアップ。

本当は、冬前に取り付けたかったのですが、
お客様と話をしたのが、3月も終わり頃。
残念です。

でも、「思い立ったが吉日!」と、
お客様にも言っていただき、
今日、取り付け出来た事に感謝です。

今年の冬は、きっと暖かくすごしていただけるでしょう。


インプラス取付中


窓もきれいにして


外のアルミサッシ枠も掃除


インプラス完成!




今日から、基礎工事 開始!

2008/04/15 23:36|リフォーム例:県産材デッキTB:0CM:0
ただいま、リフォーム真っ最中:県産材デッキ


今日から、デッキの基礎を作る工事が始まりました。

先日、入荷した束石を納めるために、
穴を掘り、砕石を入れ、コンクリートを流し込んで、
基礎にします。

まずは、「穴掘り」から。


山口棟梁自ら、スコップでひとつずつ掘ってゆきます。
本当はミニバックホーが使えれば簡単なのですが、
狭い場所で、操作を誤って家を傷つければ
元も子もありません。

すみませんが、「手掘り」でお願いしました。
本当は、基礎工事の業者にお願いしたいところ
なのですが、束石の場所が確定しません。

「現場あわせ」になるので、
大工さんにお願いしました。
普通、棟梁クラスがすることではないのですが、
気持ちよくやってくれています。

本当に、「感謝感謝」です。


基礎の穴掘りから始めます



今週中には、基礎工事も終わり、
来週には、デッキも完成することでしょう。

本当に楽しみです。


基礎工事も、順調に進行中

2008/04/14 22:23|通気断熱WB工法:原山の家TB:0CM:0
通気断熱WB工法:原山の家


基礎工事も、順調に進んでいます。


給水と排水の工事



建物の中と、布基礎の周囲に、
給水、排水の配管を先に埋めておきます。
この工事を、通称「逃げ工事」と呼びます。

何が「逃げ」なのか、よくわかりませんが、
職人さんは、みんなで「逃げ、逃げ」と言っています。
後先の順序が、非常に大切な工事ですよ。





塗料も、入荷!

2008/04/14 22:04|リフォーム例:県産材デッキTB:0CM:0
ただいま、リフォーム真っ最中:県産材デッキ


今日、デッキ材に塗る、塗料も入荷しました。

自然塗料では有名な「オスモ」の塗料。
なかなか高いので、数量を丁度取りましたが、
もしかすると、足らないかもしれません?

オスモの塗料も入荷!


我社では、初めて使いますが、ちょっと癖のある塗料だそうで、
大工さんも戸惑うのでは。


お風呂掃除も、大切な仕事

2008/04/12 22:24|雑用も、こなします!TB:0CM:0
雑用も、こなします!


日曜日と言えども、ゆっくりしてもいられません。


女房殿から、「お風呂の掃除」を言いつけられました。


自宅のお風呂掃除です


築7年も経つと、床にも汚れがこびりついています。
たわしで、ごしごしこすっている時、ふと・・・
床の材質が気になりました。

プラスチックなので、たわしでこすれば傷が付きます。
細かい傷がつくと、さらに汚れがつきやすくなります。
もし、本物のタイルならば心配ないのですが。

そこで思い出したのが、
「タカラスタンダード」のお風呂。

ユニットバスにしては、珍しくタイルです。
ショールームの方も、「たわしでこすっても大丈夫ですよ!」
と、説明してくれました。

確かに、いまどき「タイル」は、
冷たそうで、やぼったい感じがします。
でも、長年使うことを考えると、確かに良いかも。


今後、お客様に選んでもらう時のアドバイス
「タイルの床は長持ちしますよ!」



ピッカピカの~!


ピッカピカの~


壁も天井も、床も、「ピッカピカ!」です。




出番を待つ、木々たち

2008/04/11 22:14|通気断熱WB工法:原山の家TB:0CM:0
通気断熱WB工法:原山の家


基礎工事は着々と進んでいますが、
大工工事の「刻み」は一足早く、終わっています。


工場の中に、山積みにしてありますが、
量としては、かなりの木を使ってあります。


建前を待つ、桁・土台



特に、磨きの柱と土台は「ヒバ」という木を使っています。
このヒバは、水に強くて、黄色い肌の色が特徴です。

土台は「ヒバ」材


磨きの柱は、紙で包みます



普通の柱は杉ですが、こちらの木も、水には強いですよ。

杉材の柱達



これらの 「木」 が、出番を迎えるのは、
今月末の予定です。
それまで、ゆっくり「一休み」



デッキ材が入荷しました

2008/04/11 21:51|リフォーム例:県産材デッキTB:0CM:0
ただいま、リフォーム真っ最中:県産材デッキ


長野県カラマツ材のデッキ材が入荷しました。

デッキ材が入荷しました


厚さ35mmのしっかりした材料です。
人口乾燥してあるので、デッキにしても、捩れません。
硬いなかにも、無垢の木独特のやわらかさがあります。


山口棟梁が工場で事前に長さを切りそろえています。
現場で施工する時に、手間が少なくてすむのと、
運搬にも木ってあるほうが楽です。


工場で加工する、山口棟梁


この木を、工場で塗装するのですが、
下地用に防腐・防カビ材入りの塗装。
仕上げに着色用の塗料で、計2回塗って、耐久性を高めます。



今日から、仕事始めです!

2008/04/10 22:31|リフォーム例:県産材デッキTB:0CM:0
ただいま、リフォーム真っ最中:県産材デッキ


松本合同庁舎にお勤めの方から、
庁舎のロビーに展示してあるような
「県産材のウッドデッキ」を付けて欲しいと御依頼がありました。

デッキ取付予定です



新築2年目の新しいお宅です。
何度か打合せをさせていただいて、
御要望と御予算がうまく収まりました。

早速、今日から仕事始め。
大工の親方に下見をしてもらい、
基礎の材料の「沓石」を運び込みました。

基礎用ブロック、運搬中


業者さんのお兄ちゃん2人が運び込みましたが、
なかなかの重量で、ちょっとたいへん。
おまけに、置き場所の準備が遅れて、待ってもらってしまいました。

ごめんね。


置き場所には、お客様が大切にしている「あじさい」の若木があります。
誤って、つぶしてしまわないように、
しっかり養生をして、表示もしておきます。

あじさいに注意!


これで、安心して、工事が進められます。
これから、よろしくお願いします。

よくある、水栓のトラブル

2008/04/09 22:27|アフターサービス一生懸命TB:0CM:0
アフターサービス一生懸命


「シャワーから、お湯がでない!」
お風呂の水栓:お湯が出ない!



非常によくあるトラブルです。
原因の多くは、フィルターの目詰まりです。

おとといも、ブラインドの色決めに行ったお宅で、
「冬の間は、凍ってでないかと思った」
「けれども、今の時期ででないのは変!」

ということで、早速分解修理。
こんな時は、フィルターがあやしい


思ったより、サビの詰まりはたいした事が無いように見えていますが、
フィルターの目が、かなりこびりついています。」
フィルターに詰まった錆を掃除


見事、お湯が出るようになりました。
本当に簡単な事なのですが、
いざ、自分ではできないようです。

床鳴りがする!!

2008/04/08 23:44|アフターサービス一生懸命TB:0CM:0
アフターサービス一生懸命


先週、お客様から電話。
「ローカの床が、歩くとギィギィと音がする。一度見に来て!」

早速、翌日伺って話を聞いてきました。
まず、その前に、一緒にお茶をいただきます。
緊急の時意外は、まず、お話を聞くことが一番。

その後、ゆっくりトラブルのお話を聞きました。

1.床の音は、「床鳴り」です。
  床下にもぐって、修理すれば、直る可能性が高いです。

2.大黒柱のまわりが、隙間が出来てきている
  大黒柱が少し曲がってしまった為
  以前、うちの大工が修理したのですが、
  それでも気になるとのこと。
  家全体が傾いているのでは、との心配ですが、
  まったく問題ありません。
  このことは、しっかりお話して、納得していただけました。

床鳴りの修理はすぐには出来なかった為、
あらためて伺いました。

床下にもぐって、状況を確認すると、
「根太」を固定している釘が、少し緩んでいるのが原因でした。
床鳴りの原因は、


根太の周囲に接着剤を塗って、
ビスで固定します。
ボンドとビスで補強


自分も、お客様にも、床に乗って確認。
まったく床鳴りがしなくなりました。
一件落着。

床の断熱材を元に戻して、修理完了。
断熱材を戻して完了



ところが、床下を点検していて、
不思議なものを発見。
不思議な「白蟻対策」


まったく異常が無い部材に、「白蟻対策の処理」が
してありました。
完全に???です。

お話を伺って、ビックリ。
白蟻対策の業者が来て、
「床下が湿っているので、処理して方が良い」
とのこと。処理を依頼したそうです。

結局、処理費用30万円。
処理内容的には、数千円?
実際には、まったく処理の必要が無いので、
被害総額30万円です。

お客様には、その旨しっかりお話をして、
次は、「家の中に入れない」よう、
気をつけていただくことにしました。


いろいろな現場を見てきましたが、
これほどひどい施工と金額ははじめてです。


気をつけてください。
ご心配な時には、施工する前に
私ども「斉藤建築」まで、ご相談を。


基礎工事で最も緊張する、布基礎工事!

2008/04/07 23:04|通気断熱WB工法:原山の家TB:0CM:0
通気断熱WB工法:原山の家

布基礎のコンクリート打ちが始まりました。

コンクリート投入中


コンクリートミキサー車から、ポンプ車へ、コンクリートが入れられます。
ポンプ車からは、ホースを通してコンクリートが送られます。

ポンプ車のアームは、像の鼻?


まるで、象の鼻からコンクリートが吐き出されるような感じ。
リモコンで、「鼻」が自由自在に動くので、
見ていても楽しい。

型枠に流し込まれると、バイブレーターでしっかり入れ込みます。
これが、最も注意しなければならない仕事。
この作業で、コンクリートの品質と表面のきれいさが決まるのです。

バイブレーターは丁寧に


仕上げは、鏝(こて)で、表面を滑らかにします。
熟練Tさんの腕の見せ所。
さあ、仕上げが楽しみ。

表面を滑らかにするのは、熟練Tさん



雨対策に、しっかり養生します

今日の夕方からは、雨が降る予想。
折角のコンクリートを守る為、
ビニールシートで覆って「養生」しました。

これで、一安心と思った矢先、午後5時頃雨が・・・。
よかった。


明日はいよいよ、コンクリート打ち

2008/04/06 23:54|通気断熱WB工法:原山の家TB:0CM:0
通気断熱WB:原山の家

布基礎の型枠が組みあがり、天気さえ良ければ、

明日の朝から、コンクリート打ちの予定です。

型枠の組立完了


コンクリートを打つ時に、型枠にはすごい力がかかります。
型枠が、動いて、ゆがまないように、
しっかり固定します。

型枠の固定はしっかりと!


意外に大切なこの作業。
おろそかにすると、あとで土台をすえるときに、
痛い目に合います。

しっかり、しっかり、すべては、お客様のため!


あすの、天気が良くなりますように


いや~、丁度良かった!

2008/04/04 23:11|アフターサービス一生懸命TB:0CM:0
アフターサービス一生懸命



年に4回の目標で、お客様の所を訪問しています。
その時々の季節に合った、チラシを持って伺いますが、
今年で4年目でしょうか。

最初の年は、回るだけで一杯一杯でした。
2年目に、やっと、回る順路が効率的になり、
3年目で、お客様からも笑顔がいただけるように。

そして4年目。
「いや~、丁度良かった」

「そろそろ来てくれると思って、待ってた」
「夜にでも、電話しようと思っていたところ」
「タイミングが良いね。そろそろと思っていた」

など、皆さんに待っていただいている様子。
本当に感謝です。

増築のお話をしたり、
小さなメンテナンスをしたり、
お客様と、いろいろな話が出来ました。

ちょっとしたメンテナンス、例えば戸の建て付けなどは、
その場で調整します。
道具も大体持って回っています。

いやー、丁度良かった!



難点がひとつ。
この、ガソリンの高い時代。
道具を積んだ軽トラは、すごく燃費が悪いです。
それでも、お客様のため。


「アフターサービス一生懸命」です!





布基礎の型枠も、順調に

2008/04/04 22:50|通気断熱WB工法:原山の家TB:0CM:0
通気断熱WB:原山の家

 ベースの上に、布基礎の型枠を組み立てるのですが、

 その前に、

 1.「配管用の穴」を先に準備します。
     布基礎が出来てからでは、コンクリートにカッターで
     穴を開けなければなりません。
     場所によっては、鉄筋も一緒に切断してしまうかも。
     それを防ぐ為にも、「ボイド」というものをいれて、
     コンクリートに穴が開くようにします。

ここに水道系の配管が通ります


 2.「アンカーボルト」を鉄筋に固定
     最近でも、普通は布基礎のコンクリートを入れた後、
     固まる少し前に、アンカーを差し込みます。
     この方法では、コンクリートの強度に不安が出ます。
     ですので、コンクリートを入れる前に、
     アンカーを鉄筋に固定するのです。
     本当は、これが当たり前なやり方です。

アンカーボルトも先に固定



 このような前準備が終わって、やっと布基礎の型枠を組み立てます。
 組立始めれば、早い、早い。
 見る間に組み上がってゆきました。

型枠の組立



順調に組立中



 明日は、高さを調整して、月曜日にコンクリートが打てるようになりますが、
 天気予報では、雨。
 やっぱり、外仕事は、お天気しだいですね。




基礎工事、順調に進行中!

2008/04/02 23:40|通気断熱WB工法:原山の家TB:0CM:0
通気断熱WB工法:原山の家

時々、雪が降る、あいにくの天気ではありますが、
順調に工事は進んでいます。

鉄筋の組立


昨日、鉄筋の組立が終わり、
今日は、朝から 「コンクリート打ち」です。

ベースコンクリート打ち


ポンプ車で型枠の中にコンクリートを流し込み、
バイブレーターで均一に流し込みます。
この作業が、コンクリートの強度に影響するので、慎重に。

コンクリートの表面を均します



表面をきれいに均して、仕上げて行きます。


単純な作業の繰り返しですが、
家作りの大切な「基本」。


ベースコンクリート完成


無事、きれいなベースコンクリートが完成しました。


ニュースレター最新版

今月の手配りチラシ


お部屋の空気がいつでも新鮮!

通気断熱WB工法

キャラクター全員集合

家も呼吸して生きている

2つの呼吸で、家の中の空気が

自然に入れ替わります

ねこやなぎ

機械で換気する「息苦しさ」

それとは、まったく違う、

自然の空気を感じてください


ZUKUDASの仲間たちリンク


ブログ内検索


カテゴリ


会社はこちらです


管理用

  • 管理者ページ
  • 管理2

  •  |  アフターサービス一生懸命 | お客様の声 | 緊急出動3751 | 通気断熱WB工法:松川の家 | 通気断熱WB工法:原山の家 | 通気断熱WB工法:東筑摩A様邸 | こんなリフォーム、ありますよ | 雑用も、こなします! | 紹介します! | リフォーム例:大改造Yさま邸 | リフォーム例:耐震補強T様邸 | リフォーム例:県産材デッキ | リフォーム例:畳をフロアーに(M様邸) | 閑話休題 | 耐震診断中です! | 自然素材:F様邸「里山のあかまつ」 | 
    Copyright(C) 2008All Rights Reserved. さいとうけんちくのおうち ~森で暮らす~
    Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。